クラミジア検査をするために・・

クラミジア検査で副睾丸が腫れ無精子症の精巣上体炎

クラミジアは、女性が感染すると膣炎に始まり子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などを発症し、フィッツヒューカーチス症候群や卵管卵巣腫瘍、卵管留水腫などの発症リスクを高め不妊症になる事が多い為、一般的に男性よりも重症化する女性の方がクラミジアに対する意識が高いとされています。しかし、男性も1週間~2週間の潜伏期間を経て発症後、透明~乳白色の膿や激しい排尿痛、掻痒感などを伴う尿道炎から絵陰部や下腹部、鼠径部に鈍痛を伴う前立腺炎、左右睾丸に隣接する渦巻き管状構造の副睾丸が炎症により腫れる副睾丸炎(精巣上体炎)などを引き起こします。睾丸が腫れると表現される副睾丸炎は、片方の副睾丸の炎症なら問題は少ないのですが、左右両方の副睾丸に炎症が発症すると無精子症や乏精子症になり、来るべき時に後悔する男性不妊症となるリスクが非常に高くなります。その為、比較的クラミジアを軽視しがちな男性も、自覚症状の有無にかかわらず定期的なクラミジア検査を受ける必要があります。クラミジア検査は、保健所や地方自治体の指定する医療機関で匿名でHIV検査や梅毒検査など複数の性感染症と合わせて検査を受ける事が出来ます。又、現在では通販で入手可能な検査キットでも感染判定する事が出来ます。治療は、特定のパートナーがいる場合には2人揃って、テトラサイクリン系やマクロライド系、ニューキノロン系の抗生物質で行いますが、テトラサイクリン系は口腔~肛門までの消化器官に慢性肉芽腫性炎症を生じる特定疾患クローン病の発症リスクを数倍に高めるとされている為、主に安全性の高いアジスロマイシンやエリスロマイシンなどのマクロライド系の抗生物質が用いられています。