クラミジア検査をするために・・

性病の起源と肛門への感染にはクラミジア検査しよう

クラミジア検査は、感染の疑いがあるときには早めに受けるべきです。感染していても症状が実感できない人も多いためで、痛みや痒みを感じた時にはある程度日数が経って、広がりを見せてからのことが多くなります。主に性的な接触で、性器や尿道、咽頭、肛門などに感染します。

男性は尿道炎を起こすことがあり、排尿時に膿が出ることがあります。女性はおりものが増えたり白く変化するほか、子宮頸管炎や不正子宮出血などを起こす人もいます。

クラミジアの起源はクラミジア・トラコマティスという細菌がもたらす病で、目の病気も古くからあり慢性角結膜炎の原因になったり、性病としても鼠径リンパ肉芽腫の原因になることがあります。

クラミジア検査は医療機関や保健所あるいは区役所等で実施が行われています。血液から調べる方法と男性は尿検査、女性は子宮頸部の分泌物の採取を行います。喉や肛門に感染の疑いがある場合にも、それぞれの場所の粘膜を採取して調べる方法があります。

検査機関に出向くのが恥ずかしい場合や忙しくて出向く時間が取れない人は、検査キットを取り寄せて調べる方法があります。ネットから申し込みを行うと郵送などで検査キットが送られてきて、男性は尿を女性は膣分泌液を自分で採取して返送を行います。うがい検査を行える場合も増えてきていて、喉を調べたい時に用いられることが多くなっています。うがいをする前に飲食したりガムをかんだりしていると菌が十分に採取できないことがあるので、うがい前には注意が必要です。

検査の結果陽性の可能性があることが分かったら、泌尿器科や婦人科・産婦人科などを受診する必要があって、また検査を受けなければならない場合があるため、初めから医療機関で受けたほうが時間の短縮に繋がる場合もあります。