クラミジア検査をするために・・

性病を診断する淋病やクラミジア検査

クラミジアや淋病に、女性が感染した場合、初期の段階ではまったく症状が現れません。そのため、治療をする機会がないことになり、感染したまま放置されることになってしまいます。
女性の性器は、男性とは違って、子宮頚管に感染したクラミジアは、頚管の円柱状皮細胞において、増殖して、そのまま子宮内から卵管を経由して、腹腔内へ侵入してしまいます。
その結果、卵管において、発症した卵管狭窄は、子宮外妊娠の原因になり、骨盤内に広がったクラミジアは、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎を引き起こし、さらに、放置された血管、卵管周囲の癒着や卵管閉塞が起こって、不妊症を誘発することになります。
骨盤腹膜炎を発症した段階では、下腹部痛や性交痛を感じるようになりますが、クラミジア感染がさらに上腹部に波及したときには、急性肝臓周囲炎を発症して、激しい症状が現れます。
このように、クラミジア感染症や淋病感染症は、初期段階では症状がなく、治療の機会がないまま放置され、重篤な病態を引き起こすことが少なくありません。
そのため、初期段階でクラミジア検査を受けて、きちんとした診断の元、治療を行うことで、完治させることができます。

性病の検査では、血液や尿、おりもの、のどの粘膜の検査を行います。
血液検査は、一般的な血液検査で、少量の血液を採取して、血液中の成分を検査します。
血液検査で判別できる性病は、HIVやクラミジア、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎、C型肝炎などです。
尿検査は、男性向けの検査で行われ、クラミジアや梅毒を判別することができます。
おりものの検査は、女性の性病検査で行われ、クラミジアや淋病、膣炎、カンジダ、トリコモナスの症状を判別することができます。