クラミジア検査をするために・・

玉袋が腫れる性病、相談が嫌ならクラミジア検査キット

クラミジアは10~20代の若い男女に増えている性病の1つで、1回の性交渉で100%の確率で感染する病気です。

昔は目にすみついていましたが、最近では下水道の発達で体が清潔に保たれるようになり、性交渉で感染拡大をすることが多くなってきました。

性病にもし罹患してもなかなかパートナーにいいづらいし、医療機関でも相談しづらいものです。

このクラミジアについては感染しても男性なら玉袋がはれたり、尿路感染のような症状が出るまでに1か月程度の潜伏期間があるためクラミジア検査をしてみないと自分がクラミジアに感染したかどうか分かりません。

フェラチオ、ディープキス、アナルセックスのようなオーラルセックスをするとクラミジアに感染しやすくなります。

もし男性の性器にクラミジアがいて、その男性器を女性の口でなめしゃぶるフェラチオという性行為をすると女性の喉にクラミジアが感染することになります。

このとき玉袋が炎症したり、尿道炎のような症状があればこのような行為を避けますが、それと知らずにフェラチオをすれば女性はほぼ100%の確率でクラミジアに感染することになります。

男性の玉袋がはれるのは片方の場合が多いのですが、両方炎症してはれると不妊症の原因となるので放置しておくことは危険です。

クラミジアのような性病に感染すると医療機関に行っていろいろ相談し、診察に行くのが抵抗がある場合、今ではネットでクラミジアを検査するキットが販売されているので利用するといいです。

女性ならおりものを少し付着させ送るだけでクラミジアに感染しているかどうかが、すぐに分かります。

男性でも尿検査だけで分かるので、早めに検査しておくほうが安心できます。